AirBag Information


◇レーシング Neck エアーバッグ

2008年より2輪エアーバッグ 世界 Topシェアの『Hit-Air』よりレーシングエアーバッグ ユニットの供給を得、2012年に業界初の全日本Road JSBクラスへのエアーバッグスーツ供給スタート。
現在唯一となる「全日本ロード選手権」への供給及び開発を行っております。
お陰様で2014年にはエアバッグ内蔵スーツでは日本トップシェアとなり、これからのRaceシーンに欠かせないアイテム『エアーバッグ』を今後も推進して行きます。
また、レーシング エアーバッグ開発を担う形での活動を継続中です。

◇エアーバッグ Movie (作動ムービー)

・JARI テスト Data
・PRR-105 Withエアーバッグ 作動Movie
・Race エアーバッグ 作動Movie
・51 GARAGE 岩城滉一氏 エアバッグ体験 Movie

◇エアーバッグ Continuous photo (作動連続写真)

・2014 耐久茶屋
・2014 T.O.T. KAGURADUKI
・2014 全日本TI Round


◇エアーバッグ FAQ(良くある質問)

エアーバッグについて
エアーバッグユニット(Racing)に種類はありますか?
ネックエアーバッグ(PRR-105 Withエアーバッグ・PRR-145・PRA-116 及 NW)
首周りダブル型

  • 頚部への保護に特化し開発したレース専用エアバッグ
  • キーボックスをレーシングスーツ Hump内に配置するレーシングタイプとキーボックスを胸に配置するストリートタイプがあります。。
  • ※キーボックス:Airボンベユニット

レース用Best JK モデル(Hit Air RS-1)
首周り重点型

  • 頚部への保護を重視し開発したレース専用エアバッグ。
  • キーボックスを背面に配備。

​レースでエアバッグジャケットを使いたいのですがどのモデルが良いのでしょうか?
​AirBagジャケットにツーリングタイプとレーシングタイプがありますが何が違うのですか?
  • ​レーシングスーツを着用する前提のレースシーンではレーシングスーツが守れない『首回り』に特化しています。

    ツーリングタイプは来るだけ広い範囲を守れるように胸・首・背中・腰とエアバッグが開きます。
  • >>詳しくはこちら
ケーブル(ワイヤー)を外し忘れの時は作動してしまうのでは?
  • Pin(キーボール)が抜けるには、30kg程の大きな張力が加わらなければ作動しません。
    またコイル状に伸縮(遊び)する様になっていますので、通常の降車での外し忘れは気付く様になっております。
  • 降車時には、常にバイクにまたがった状態でケーブルのリリースを習慣付けましょう。
  • 立ちゴケの時などは、30kg以上の張力がかかる場合があり開いてしまいますのでご注意下さい。
一度作動したエアバッグは、再度使用出来ますか?
エアバッグに損傷がなければ、カートリッジボンベ(別売)を交換(付属工具)すれば何度でも再生できます。

  • 一度作動したカートリッジボンベは使用できません(使用済みカートリッジボンベの底には穴が空きます)
  • 損傷があり、メンテナンス等を必要と思われる場合は、ご相談下さい。
カートリッジボンベはどれを付ければいいの?
プライドワン エアーバッグ内蔵スーツ(PRR-105 Withエアーバッグ・PRR-145・PRA-116) 及び NW(BestType)は『30cc』をお使いください。
Hit Air RS-1(BestType)は『60cc』をお使いください。
※カートリッジボンベのサイズ(容量)はモデルごとに決まっています。
必ずモデル指定のサイズ(容量)をご使用下さい。モデルごとに圧力の調整をしていますので、違うサイズのカートリッジボンベを取り付けると破裂や圧力不足で効果が出ない場合がありますのでご注意下さい。
作動して自分で復元(再生)するのは不安、エアーバッグに損傷がないかわからない?
PRIDEONE もしくはHit Airにてメンテナンスチェックをご利用下さい。
メンテナンスチェックとは、エアーバッグが正常に作動するか、キーボックス(Pin)や気室に異常が無いか点検します。

  • 再生可能な場合は有償にてパーツ交換・補修含めて対応致します。
市販されているHit Airジャケット・ベスト等と違いはありますか?
レーシングスーツには各所にプロテクターが装着されていますのでプロテクトの難しい首回りのみを保護するネックAir Bagを内蔵しております。
ネックエアーバッグ(PRR-105 Withエアーバッグ・PRR-145・PRA-116 及 NW)
室形状:首周りのみ、二重構造

  • 首周り(頚部)への衝撃緩和保護を目的に特化したモデルです。
  • レースなどでベストタイプを着ると風圧を受けて走りにくいなどの
    声にお答えしてコンパクトな首部モデルを開発しました。
エアーバッグが開かない(展開)ことがありますか、それはどんな時?
状況によってはエアーバッグが開かない場合があります。
安全に安心してご利用いただくために、ご使用前に正しくセットされている事を確認してからご使用下さい。

《エアーバッグが展開しない場合》

  1. キーボールが抜けずにバイクと伸縮ワイヤーが繋がったまま転倒・スライディングした場合などバイクから「一定の距離」離れない場合は開きません。
  2. カートリッジボンベ未装着または空の場合。
    必ず未使用のカートリッジボンベが装着している事を確認してからご使用下さい。使用済みのカートリッジボンベの底には穴が開いています。
  3. エアバッグユニット(キーボックス)の底部(ネジ穴)にセッティングボルトが付いたままの状態では展開しません。
    セッティングボルトは復元の際にキーボックス穴の位置を調節するネジです、必ず外してからご使用下さい。
    ※復元時に使用の付属工具、セッティングボルト・6角レンチが付帯しています。
  4. マシンに取り付けた伸縮ワイヤーに“結び目”が無いとキーボールが外れずバイクからワイヤーが抜けてしまう場合があります。
    転倒後、エアーバッグが膨らんだ状態で路面などの摩擦で破れてましったら効果は?
    大きな衝撃や摩擦による破損などはありえますが、キーボール(Pin)が抜けた瞬間、瞬時に展開しますので、転倒時の摩擦までには、かなりの衝撃を緩和しています。(展開時間 Sシステム:約0.25秒)
    ※エアーバッグ作動から展開(完全膨張)に至るまでにも衝撃緩和効果があります。また、展開後は徐々にエアーが抜ける仕組みになっています。